森川一輝オフィシャルブログ

リスケに応じてくれたらいいんですけどね

先日とあるセミナーで僕が講師としてお呼びいただいた時に名刺交換をしたファイナンシャルプランナーとの会話の一コマ。僕は資金繰りに困る中小企業の経営者について日本の会社ほとんどが経営難な時代に「どうして経営者は銀行の返済を第1に考えるんですかね?」「会社の資金繰りが苦しくなると、従業員、取引先、はたまた自分や家族を守らないでなぜ銀行の返済を優先するんでしょうね」と、そのファイナンシャルプランナーの方に聞いてみると「銀行の返済が滞ると信用が落ちるからでしょうね」と返ってきたので僕は「あーまたか」「世の中のベクトル(方向)はみんな同じだな」と落胆いたしました。

まず頭に入れておいてほしいことが事業がうまくいってない時に信用してもらわないといけないのが従業員と取引先ですよ。だって企業は人なり、事業を盛り立てて再生してくれるのは従業員の方たちですよ!(もちろん経営者が怠けてると誰もついてきませんが)従業員の信用を失った社長さんがどうやって事業をよくするんでしょうか?そして取引先の支払いが滞ったら商品が入ってこないんですよ、商売をしていてそんな恐ろしいことありますか?お客様がお店に入ってきて商品がない、、、、売るものがない、、、、そんなこと考えられないでしょう?それなのに一般常識や一般的思考では【銀行の信用がなくなると事業が続けられない】とのファイナンシャルプランナーの発言にただただ愕然とします。銀行が事業がしんどい時に必要?なんで?銀行の信用がほしい時は事業がうまく軌道に乗っていてお金を借りたいときだけでしょう?事業をますます拡大させたいから信用させたいんでしょう?それなのに事業がうまくいってない時になぜ銀行の信用が必要なんでしょうか?もしかして今後今の状況が急に変化して売上が大幅に上がる、借りているテナントの家主さんの気が変わり経費が安くなり利益が出るとでも思っているんででしょうか?そんなもんあるはずないですよ。事業がしんどい時は従業員のモチベーションUPとお客様が何を求めていて自社の製品・サービスの何が悪いのかを見直すことが第一優先です。

そんなことを頭で考えながら(僕も大人なのでそこで反論はしませんでしたよ)僕は続いて「経営者は事業がしんどくなると、さらにリスケをして一時的に救済された気でいますよね」と、そのファイナンシャルプランナーのセンスを確かめるべく意地悪な質問をしてみました。そうしたら「リスケに応じてくれたらいいですけど、応じてくれないと大変ですね」と満面の笑顔で返してくださいました。世の中こんなお金のことを知らないファイナンシャルプランナーにお金が増えるようにとお願いしている方がいるんだと、僕なら絶対に頼みません、だって【リスケに応じてくれたらいいですけど】ってだってリスケなんて借入時の契約書に何の記載も書いていないんですよ。利息だけ払わされて元金が減らないそんな蟻地獄のような仕組みを頭を下げて応じてもらう必要がどこにあるんでしょうか?でも世の中は銀行には頭が上がらない、銀行「様」にはお願いをしなければ、そんな雰囲気が蔓延しているのです。今でこそこんな風に事業再生に何が大切か胸を張れるようになりましたがかつての僕もそうでした。銀行の信用を失ったら事業ができないと・・・・・・晴れている時には傘を差し、雨が降ると傘を取り上げる。誰が言ったかわかりませんが(知っている人がいたら教えてください(笑))本当にその通りだと思います。

森川さんの思想が世の中の普通になったら日本の金融は破綻しますよね。って過去に言われたことがありますが、「あほか、俺がどんだけがんばっても日本の金融は破綻するかいっ」「あんたがそんな大きな金融のことなんか考えないでも経済は回るわいっ」と言ってやったことがあります。

僕の経営の師匠が言っていた言葉で「人や地域を活性化する前に、まずは己(おのれ)が活性化せんかい」と言われたことを噛みしめながら今日も一日がんばる!そんな日々を送っております。

 

~人生上手くいかないから面白い~

株式会社ISSEI

森川 一輝

page-top